忍者ブログ

明治~大正時代の行旅死亡人

明治から大正期の官報より、行旅死亡人の記事を抜粋。 令和の時代の力でどうぞさがしてあげてください。

明治42年10月2日官報 行旅死亡人2


<身元>自稱、愛知縣東春日井郡柏井村上條新田八十四番地、平九郎、弟 溝口 宮吉
<性別>男
<年齡>七十五歲

<身体的特徴>
・丈五尺三寸位
・色白ク肥エタル方
・前頭部禿
・頭髪五分刈
・眉濃
・眼竝
・耳口大
・齒竝
・鼻低

<着衣と所持品>
・木綿斜線筋單衣
・木綿茶微塵單衣
・木綿紺色半股引
・木綿紺絞三尺帶
携帶品
・木綿紺絞六尺
・白米一升四合
・金一圓十九錢
・外ニ雜品八點

<概要>
右、去月八日、當村大字平畑地内行旅中、疾病ニ罹リ救護中、同十日死亡セシニ依リ、假埋葬セリ。然ルニ死亡以前肩書ノ役場ヘ照會セシモ、在籍竝ニ引取ルヘキ義務者ナキ旨囘答アリ。心當ノ者ハ當役場ニ申出ツヘシ

<日時・照会先>
明治四十二年十月 愛知縣西加茂郡小原村役場


PR

コメント

プロフィール

HN:
うつぼかずら
性別:
非公開

P R